14374043 1783296005260000 8038769908579827712 a

Tetsuko Kuroyanagi


黒柳徹子   女優   ユニセフ親善大使 著書 「窓ぎわのトットちゃん 」「小さいときから考えてきたこと」「トットひとり」など 、黒柳徹子、トットちゃん、tottochan、tetsukokuroyanagi、kuroyanagi、tetsuko、kuroyanagitetsuko、徹子の部屋、totto、ふしぎ世界発見、世界ふしぎ発見、ステキ展。

instagram.com/tetsukokuroyanagi

http://totto-chan.jp/


106  位

国内ランキング

358

投稿数

889,953

フォロワー数

0

フォロー数

投稿数・フォロワー数・フォロー数の遷移グラフ



Tetsuko Kuroyanagiのフォロワーの関心があるハッシュタグ
    ランチ    ねこ    京都    tokyo    おうちごはん    ハンドメイド    cat        ファッション        art    かわいい    沖縄    美味しい    ootd    dog    スイーツ    お弁当    lunch    cafe    名古屋    アート    コーディネート    旅行    イラスト    東京    福岡    fashion    instafood    flower    スタバ    ジェルネイル    写真好きな人と繋がりたい    大阪    ふわもこ部    イマソラ    夏休み    浴衣    ビール    handmade    ハワイ    セルフネイル    sky    ねこ部    チワワ    韓国    コーヒー    カレー    映画    柴犬    朝ごはん    親バカ部    おやつ    表参道    インテリア    紅葉    ハロウィン    ラーメン   



Tetsuko Kuroyanagiをフォローしている人は、こんなインスタグラマーもフォローしています

名前プロフィール
11899577 1613263995590171 1304961325 a
Naomi Watanabe🇯🇵comedian
21980517 1798742840416985 2087728627004211200 n
26352832 1951924131738388 683097591897915392 n


最近反応が多かった投稿ランキング
写真文章
23824515 501340233580570 6158695034712489984 n
2017/11/21
私、パンダになった!
131,312
25025316 412905099126440 7255989054909448192 n
2018/01/01
明けまして、おめでとうございます。 2018年が、みなさまにとって、いい年でありましように💕 私にも、ちょっとした幸せが、来ると、いいなぁと思っています。 今年も、インスタがんばります!!
129,325
25012655 809781812556896 4771407434029727744 n
2017/12/21
今週発売の「Can Cam 2018年2月号」 パンダになってみました。パンダメイク、とっても楽しかった💕 かわいいパンダが、いっぱいの16ページの特集です! パンダを、「どうして好きなのか」、「何故かわいいのか」などを、お話しています。 パンダがお好きな方は、是非、ご覧になってください!
122,816
26305865 1986272344953052 3537284904062550016 n
2017/12/31
今、紅白の出演が終わりました。 インスタに、たくさんのメッセージを、ありがとうございます。 今年は、いろんな事がありました。 みなさまに、ご心配もかけましたね。 でも、私は、スタスタ、ドタドタと歩きはじめました。 この調子で行けば、1月には、スイスイと歩けるに違いありません。 もうすぐ、来年になります。 みなさま、どうぞ、良い年を、お迎えください。 世界の人が、平和な悲しみの少ない、2018年になることを祈りつつ。 じゃぁね💕
105,569
24126702 1054494311360211 5411292857451413504 n
2017/11/28
お昼のドラマ「トットちゃん!」で、ちょうど今、放送してる、私がNHKに入った頃の写真です。 先週のドラマに出てきましたが、NHKの研修時代に、先輩の俳優が、私達研修生を集めて「いいか、覚えとけ。蹴落とさねえ奴は、蹴落とされるんだ」と、言われました。 それを、聞いて、私は、1リハ(第1リハーサル室)の壁を蹴って、泣いた。 絵本を上手に読んであげられるお母さんになりたくて、NHKの試験を受けたのに、 そんな、人を蹴落とさなきゃ、やれない仕事なんて絶対に嫌だ! 私は、人を蹴落としたりなんかしない。 そんな事までして、女優になんかなりたくない! そう、思った。 それから、63年間。 私は、ここまでやってきました。 考えてみると、自覚はしなくても、誰かを蹴落として、ここまで、やって来たのかもしれないのです。 でも、少なくとも、私は、誰かを蹴落とそうなんて、思わないで、ここまで、仕事をして来れたことに、感謝しています。
100,803
25012799 137435156975433 1272141636305944576 n
2017/12/18
この写真は、ポラロイド写真。 その場で撮った写真が、すぐに見れるなんて、便利なカメラができた!と、昔、大流行しました。 私の後ろで、電話をしているのは、大親友だったヘアードレッサーの須賀勇介さんです。 とにかく、須賀さんは、日本のCMに出演していたくらい、格好のいい人でした。 先週のお昼のドラマ「トットちゃん!」にも、須賀さんが出てきましたが、私の「たまねぎ頭」の生みの親です。 私が、初めて須賀さんに会ったのは、須賀さんのNYのお店に行き、頭を洗ってもらいました。 私の長い髪の毛を洗った後、ヘアードライヤーで乾かしながら、須賀さんは、ピン一本で、私の髪をまとめたのです! 須賀さんは、髪の毛がどういうものかを、良く知っていました。 それ迄は、どこの美容院に行っても、何本も何本もピンを使っても、なかなかまとまらなかったので、ピン1本でまとめた須賀さんの腕前に感動しました。 お話をしていると、二人はとっても気が合うのが分かって、すぐにお友達になり、私が、ニューヨークに遊びに行く時は、須賀さんのお家に、いつも居候させていただきました。 須賀さんのNYのお家にいると、ハリウッド女優のブルックシールズや、ダイアナロスなどが、突然、遊びに来たりしました! 須賀さんが、一躍有名になったのは、冬のオリンピックのフィギアスケートで、金メダルを取った、アメリカのドロシーハミルのヘアーをやってからです。 ドロシーハミルがスピンをして、ブーンっと上に浮き上がった髪の毛が、彼女が降りて止まると、もとのヘアースタイルに、スッーと戻るのです。 それが「ハミルカット」と呼ばれて、全世界で流行するヘアースタイルになりました。 それから、須賀さんは、さらに大忙し! 世界の有名人たちからのオファーが、殺到しました。 自家用飛行機に乗って、ニューヨークの須賀さんのお店に、わざわざ通うお客様もいっぱいいました。 また時には、ヨーロッパの貴族から連絡があり、「しばらく船旅の生活に入るので、一緒に旅行するガールフレンドのヘアースタイルを、素敵にして欲しい。あなたには、飛行機はファーストクラス、カンヌの1番良いホテルを用意し、お友達は何人連れてきても構いませんので、是非、お願いしたい」!!!。こういうオファーもあり、何人かのお友達とバカンス方々、ヨーロッパでの仕事もしていました。 私が、たまたまニューヨークに行っている時に、須賀さんが、オードリー・ヘップバーンのヘアーも担当しました。 須賀さんは、若い頃からものすごくオードリー・ヘップバーンのファンだったので、とてもうれしそうでした。 今でも思い出すと、須賀さんの海の別荘で手をつなぎながら、モーツアルトのオペラ「魔笛」の中の「夜の女王のアリア」を二人で声を揃えて歌いながら歩いていたことを懐かしく思い出します。 須賀さんはだいぶ前に、お亡くなりましたけど、今でもふっと「須賀さん」と呼びかけたくなります💕 良いお友達は持つべきものだとつくづく思います。 昼ドラマ「トットちゃん!」いよいよ、最終週です。 私も、楽しみです💕
89,902
25010545 122941391830535 5890228685012729856 n
2017/12/20
今日のお昼のドラマ『トットちゃん!』は、私の母が、ベストセラー作家になったお話でしたね。 私は、母が「チョッちゃんが行くわよ」を出版するまで、母が、何かものを書ける人だとは思っていませんでした。 でも、考えてみると、母は、ものすごく記憶力が良かった。 何でも、昔のことを、細かく良く覚えていました。 「チョッちゃんが行くわよ」という本は、母の家族のことを書いたものです。 母の父、つまり私の祖父が、無医村の医者になるのが目的で、医者になり、北海道の滝川というところに病院を建て、貧しい人には、ただで診療したり、また遠い牧場の地域で病気になった人の所には、雪車(ソリ)に乗って、診察に行ってました。 母が書いた本が、話題になり、記者から「ベストセラーになった喜びは?」とインタビューされた時、母は「お金(印税)が、たくさん入ってくることです」と記者に答えたのです。かなり、笑える答え💕 母が、面白い人だなぁと思うのは、その『チョッちゃんが行くわよ』を、NHKの方が、連続テレビ小説にしたいと、母に相談しに来た時です。 母は、NHKの方に「分かりました。では、私は、『ゴッドファーザー』を作ったフランシス・コッポラさんとお友達なので、監督はコッポラさんにお願いしてくださいね。それと、音楽は、コッポラさんのお父様が作曲家ですから、お父様にお願いしていただけますか?」と言ったそうです。 NHKの方が、ものすごく驚いて「申し訳ありません。それは、絶対にできません」と、大慌てしたそうです。 母は、「あら、そうなの。それはがっかりだわね」と・・・・・。 そして、1987年に『チョッちゃん』というタイトルで、連続テレビ小説は始まりました。 今、調べてみたら、平均視聴率38%、最高視聴率46.7%!たくさん方が、ご覧くださったのですね。 母は、その後も魔法みたいに、何冊も何冊も、本を出しました。 そして、頼まれれば、全国どこにでも公演に行き、アメリカやイギリスなど、海外でも活動しました。 父が亡くなるまでは、まったくの主婦だった母が、70歳頃から、新たなにスタートした人生でした。 私は、母の仕事の手助けは、しませんでした。 出版社の方が、私に「母の本の推薦文を、書いてほしい」と頼まれたときも、「ママは、私の手助けを必要としていない」と分かっていたので、お断りしました。 母は、本当に面白い人でした。 そして、ドラマ『トットちゃん』で、母の役を演じてくださっている松下奈緒さんのように、とっても優しくて、綺麗な人でした💕
80,761
23164596 126796784676183 4692868296255471616 n
2017/11/07
この写真は、戦争中に青森県三戸郡という所に、疎開していた時の私です。 お昼のドラマ「トットちゃん!」では、ちょうど、先週放送していた頃ぐらいです。 この写真を見て、「かわいそうに、随分緊張して暮らしていたんだね」と、言ってくれた人がいました。 夜になると、空襲や爆撃のある東京から逃れて、知り合いを訪ねて、青森に疎開。 父は、出征して兵隊になり、どこに行ったのかも、分かりませんでした。 確かに、私は、緊張して生活していたのかもしれませんね。 このセーラー服は、従姉妹から貰った、私の一張羅でした。 それまでは、横分けの髪に大きいリボン。母の手作りのかわいい洋服。そして、白いハイソックスに、黒いエナメルの靴。 お洒落をするのが、大好きでした。 そういう格好から、戦争になると、東京から持っていった洋服も、ボロボロになってしまい、足は、どんどん大きくなって、お気に入りの靴は入らなくなりました。 従姉妹に貰った、このセーラー服にモンペのズボン、そして、下駄というのが、私の唯一のよそゆきでした。
78,680